伝統食材栄養研究活動・成果

伝統食材栄養研究活動の紹介

平成27年4月、会津大学短期大学部食物栄養学科に所属する生化学・栄養学、栄養管理学、調理学を専門とする教員とそのゼミ所属学生によって会津食材栄養研究会が発足しました。研究会に所属するメンバーが協働して、会津地域の伝統的な食文化の調査研究を行うとともに、得られた情報を基に新たなブランド食材・メニュー開発につなげる目的のために活動しています。

現在、私たちは公益財団法人福島県学術教育振興財団の助成を受けて以下のことについて事業を進めています。

  1. 会津産食材の栄養・機能性成分の分析、機能性成分の実証実験、栄養化学情報コンテンツ化
  2. 会津産食材を使った新たなメニュー開発と調理学情報コンテンツ化
  3. 食材基本情報(歴史、品種、味、香り、栽培、加工等)の収集・編集、食材情報コンテンツ化
  4. ワークショップを通した栄養化学・調理学・基本情報の地域内外への情報発信

 

研究成果

2019年度福島県学術教育振興財団助成事業

課題名「機能性伝統食材を活用した体脂肪改善の体験活動と健康増進リーダー育成2」

事業目的/内容/成果

 

H30年度福島県学術教育振興財団助成事業

課題名「機能性伝統食材を活用した体脂肪改善の体験活動と健康増進リーダー育成」

事業目的/内容/成果

 

H29年度福島県学術教育振興財団助成事業

課題名「会津伝統食材情報の集約・翻訳化と会津食文化発信3」

事業目的/内容/成果

 

・H28年度福島県学術教育振興財団助成事業

課題名「会津伝統食材情報の集約・翻訳化と会津食文化発信2」

事業目的/内容/成果

 

・H27年度福島県学術教育振興財団助成事業

課題名「会津産食材の栄養化学・料理学情報コンテンツの開発とアーカイブ化」

事業成果